中古車選びのポイントになる走行距離

良い状態を望むなら3万キロから5万キロ

できるだけ新車に近いコンディションの車を求めるなら、走行距離3万キロから5万キロを目安にすると良いでしょう。車の走行距離は通常1年に1万キロほどなので、3年から5年落ちの車となります。ただし、状態が良いので中古車でも価格が高くなります。価格を抑えたいなら、走行距離が5万キロから10万キロの車から選ぶと良いでしょう。しかし、ただ単に走行距離だけにこだわるのも良くありません。5年かけて5万キロ走った車と、5年で10万キロ走った車では消耗具合が異なります。走行距離とともに、車の年式も見て、総合的な車の状態を判断して選ぶのが賢明です。また、年式のわりに走行距離が少ない車も、長年放置されメンテナンスされていない可能性があるので注意が必要です。

40万キロ以上はリスクが大きい

車の性能は年々向上しており、走行距離10万キロから20万キロならまだまだ安全に乗れると言われています。しかし、走行距離が40万キロを超える車は、安全性も低下していくため頻繁にメンテナンスが必要となります。タクシーの車両も、40万キロに達したら車替えすると言われています。40万キロ以上の中古車はかなり安値で取引されていますが、車検を通すためにかかるお金やメンテナンス費用などを考えると、良い買い物とは言えないでしょう。どうしても安い車が欲しいなら、狙い目は走行距離10万キロを少し超えたぐらいがおすすめです。価格も安いうえに、頻繁にメンテナンスする必要もありません。良好な状態で購入すれば、5年は快適に乗り続けることができるでしょう。